あさぎり高原みるくソフトクリーム



「あさぎり高原みるくソフトクリーム」は富士山麓 朝霧高原の良質な生乳から作ったソフトクリームです。純粋なミルクの風味を楽しみたい方はこれをどうぞ!

落花生ソフトクリーム



富士山麓 富士宮産の落花生をふんだんに使用しました。
このソフトクリームを食べた方からは”今まで味わったことのない味で美味しい!”と好評を得ています。これを食べに遠方からお越しくだるお客様も多数いらっしゃいます。
クリームに付いているパリパリ最中の落花生をスプーンにしてぜひ一度「落花生ソフトクリーム」をお試しください。

紅ほっぺいちごソフトクリーム



全国的にも有名なイチゴの品種(ブランド)静岡県産”紅ほっぺ”いちごをふんだんに使用しました。”紅ほっぺという名前の由来は、果皮や果肉が美しい紅色をしていて、ほっぺが落ちるような食味の良さからきているそうです。

濃厚抹茶ソフトクリーム



静岡の特産物といえば、”お茶”。この濃厚抹茶の味はまさに”濃厚抹茶”!これは食べた人でないとその味はわかりません。きっとその純粋なお茶の味に驚くことでしょう。


濃厚抹茶の材料に使用されている『家康公の愛飲抹茶』

かつて家康公が駿府城で愛飲していた抹茶が本山抹茶です。駿府城で客人を招き茶会でおもてなしをしておりました。徳川家康公は江戸城から駿府城に移ってから、新茶時期に硬茶を作り井川の大日峠にお茶蔵を建てて 熟成保存する“お茶詰御用" を井川村海野弥兵衛・玉川村の朝倉六兵衛に命じました。それ以来家康公 が愛飲する本山産地のお茶は、全国に名声を広め、優れた特産としての地位を得ることができました。

『静岡本山抹茶の特長』
茶師による幾重にも織りなす品種のハーモニーが楽しめます。100%本山産。(静岡茶師の得意なブレ ンド技術が生きています。)生産農家と研究を重ね丁寧に使ったお抹茶です。2重の棚被覆で約30日、磯茶炉、石臼換き。どこの 産地もまねのできない本山らしい抹茶の追及を続けています。静岡茶発祥の地である茶産地として熱心な農家が多く、高品質な抹茶の生産が出来ます。産地の特長でもある奥深い山霧の中、山河の恵みをたっぶり受け育った、新緑の若芽のみを使った商品です。水と土の良さが滋味深いお茶の生産に適しています。 歴史やストーリーと伴に抹茶産地としては目新しいため、お茶会で多く使用して頂いています。すっきりとした香りと飲み口が特徴で、色がきれいです。また、加工用の製品も人気が高く、本山抹 茶を使用したスウィーツやパンが人気です。抹茶はお茶の葉を粉末にしてそのままいただくため、お茶の栄養を全部取り入れられる飲物です。近年、研究機関の発表によりお茶の健康への効果が発表され、茶の機能性に対する関心が高まって きています。


ページトップに戻る